Pet Training Loading

CADを導入する時にはどんなことに注意したらいいの?

CADを導入する場合に押さえておくべきポイント

CAD導入を検討する場合、事前に使える人材を育成できる環境を用意しておくことが重要です。とくに3DのCADの場合には、使える人材がいなければ話になりません。導入する際には使える人材を数名育成できる環境を用意しましょう。

最初に数名育成しておくことで、担当者が1人休んでも他の担当者が代行して業務を行えます。また、担当者が時間のあるときに他の社員へ遣い方を教えられるようにすることで、人材を増やせるようになり、結果として社内で使用する人の人数が増えることにつながります。

CADを使える職場になりたいなら、自社のハードの環境だけではなく、必ず人材育成をサポートしてくれる業者を探して依頼することです。講習内容も基本的なことだけではなく、自社の希望する使い方ができるような人材を育てられるような講習を受けさせましょう。

導入前に必ず機能を確認する

昨今のCADは進化を続けており、自社で必要と思える機能を選択して導入したほうがいいでしょう。クチコミの評判だけで選んでしまい、後で公開している企業担当者は少なくありません。しかし、クチコミで評判がいいことが、自社で使えるものとは限らないため、機能やスペックを確認して導入することが望ましいでしょう。

離れた店舗同士でも同じデータを使うことができるクラウド上での共有機能をはじめ、外出先からタブレットで利用できる物もあります。更にタブレットでペンタブを使い、フリーハンドで書いてデータ化できるものも登場しました。多角的な利用が可能となっているため、機能を確認し、導入することが作業効率化につながります。

電気CADとは、パソコンを使用して設計や製図ができるソフトです。電気設計をサポートする機能に優れていて、効率よく設計・図面の作成ができます。