Pet Training Loading

自転車のライトは従来のダイナモ式よりもLEDを使った方がいい理由

乗る人に負担がかからず、安定して明るく照らせる

自転車のフロントライトとしてLEDを利用するメリットとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、小さな白熱電球を使った従来のブロックダイナモ式ライトと比べると平均して明るいということがあります。ダイナモ式ライトの場合、車輪が回るスピードと連動して明るさが変化するので、早く漕がない限り、あまり明るくなりません。前輪のフロントハブに発電機を取りつけたハブダイナモ式ライトなら少ない力で明るくできますが、いかんせん高価なため搭載されている自転車が少ないです。

しかし、LEDの小型懐中電灯なら安く後づけできる上に、漕ぐスピードに関係なく一定の明るさで前方を照らすことができます。坂道を上っているときも安定して明るいので対向車などにすぐ気づいてもらえ、その分、安全といえるでしょう。

ランニングコストは充電池を使えば抑えられる

ダイナモ式ライトをつけたときのように、ペダルが重くならないというのも大きなメリットです。夜道を自転車で走っているにもかかわらずライトをつけない人の中には、かなりの割合で「ペダルが重くなるのが嫌だから」という理由を挙げる人がいます。しかし、無灯火で走っていると目の前に人が飛び出したときなどに気づくのが遅れて事故につながりますし、狭い道で対向車に気づかれず、接触されてしまうということもあるかもしれません。

懐中電灯のLEDライトを自転車につければ、ライトの電気は電池によって供給されるのでペダルが重くなることはなく、楽に走ることができます。その上で安全性も高くなるのです。もちろん、電池を購入し続けなければならないのでダイナモ式ライトと比べればランニングコストはかかりますが、充電池を活用することで抑えることができます。

LEDライトパネルは、少ない電力でありながらも多彩な色で商品広告をアピールする事が可能であり、多くの企業で採用されています。