Pet Training Loading

小陰唇肥大を治したい時にはどんな対処法があるの?

症状が重いときは外科手術が必要になることもある

小陰唇肥大は、生まれつきや出産、加齢など様々な原因で起こることがありますが、人によって症状に違いがあるため、自分に合った治療法を選択することが重要となります。特に、症状が重い場合には、陰部の周辺が常に不衛生になったり、雑菌が溜まって炎症が起こるリスクが高くなったりすることもあり、外科手術が必要かどうか医師と相談をすることが大切です。また、小陰唇肥大の外科手術の際には原則的に健康保険を使えないため、手術を受ける病院を選ぶうえで、早めに総額の費用について調べておくことがポイントです。なお、術後の仕上がりについては、執刀医の腕前などに左右されるため、慎重に通院先を決めることが肝心です。

症状が軽い場合はレーザー治療だけで対応できることも

小陰唇肥大の症状が軽い場合は、美容外科や皮膚科のクリニックで採用されているレーザー治療だけでも満足のいく効果を期待できることがあります。最近では、小陰唇肥大をはじめとした婦人科系の悩みに対応をしているクリニックの数が増えており、最新型のレーザー機器を導入したり、医師や看護師の研修に力を入れたりしているところが目立ちます。そうした中、小陰唇を縮小させることができるレーザー治療のメリットや術後の注意点についてきちんと把握するうえで、余裕をもってカウンセリングを受けることが大事です。その他、初めて小陰唇肥大の治療をする時は、なるべく症例数が多いクリニックでレーザー治療を希望することで、失敗のリスクを最小限に抑えることが可能となります。

小陰唇肥大は、女性の大陰唇の内側に接している左右1対のひだである小陰唇が肥大してしまう症状を意味する言葉です。