Pet Training Loading

29ある建築や土木の工事の種類について知っておこう

2つの一式工事について

土木工事と建築工事は、合わせて29もの種類があります。それらの種類は建設業法によって明確に区別がされており、どの工事を行うかによって必要な許認可等の手続きが異なるため、自分が行おうとしている工事がどの種類に該当するのかを知っておくのは建設や土木に従事する人にとっては非常に重要なポイントであるといえるでしょう。29ある工事の中でも、特に人気が高いのが土木一式工事と建築一式工事という2種類の一式工事です。

「一式」という言葉からイメージできるように、土木一式工事や建築一式工事の許可を得ていれば、土木工作物や建築物を総合的に建築することが可能となります。もっとも、だからと言って一式工事の許可を受ければ他の個別の工事の手続きが一切不要になるというわけではありません。一式工事は様々な工事のジャンルを広く浅くカバーするようなイメージであり、より専門性が求められるような工事を行う場合には個別の工事の許可が必要となるのです。例えば、500万円を超えるような内装工事を行うのであれば、内装工事としての許可を受けなければならないといった具合です。

その他の27の工事について

工事には、一式工事のほかに27の種類があります。すべてを説明すると長くなるので、ここではそのうちの代表的なものに絞って説明することにします。まず一つ目は、大工工事です。その定義は、木造の加工や取付けによって工作物を作ったり、工作物に木製設備を取り付ける工事であるとされています。そのため、大工さんが行う工事であっても、鉄筋コンクリート造りの家のように木造ではない建築物を建てるような工事は大工工事には該当しないのです。

二つ目は、左官工事です。これは、建物などの工作物に壁土やモルタル、漆くいなどをこてを使って塗ったり、吹き付けたりする工事のことを言います。一般的に左官屋さんが行うような工事はこの左官工事に含まれていると考えて問題ないでしょう。三つ目は、電気工事です。発電設備や変電設備、送配電設備などを設置する工事のことで、戸建てやマンションを建てる際には不可欠なものです。電気についての詳しい知識が求められるため、他の工事とは別に許可が必要とされているのです。四つ目は、道路などの地面をアスファルトやコンクリート、砂利などで舗装する舗装工事です。

工事には、以上で取り上げたもの以外にも、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事などの数多くの種類があります。自分が行う工事がそのうちのどれに該当するかを正しく理解するようにしましょう。

建機を購入するとなると、費用がかかります。中古の建機のオークションを利用することで、安く建機を手に入れることができます。