Pet Training Loading

眠れないときは心療内科へ!薬に頼らない不眠治療4つの方法

不眠を改善する生活習慣を指導してもらう

不眠は、ストレスや生活習慣と大きく関わると言われています。特に生活習慣は、自分でも知らないうちに睡眠によくない習慣が常態化してしまっていることがあります。そこで、心療内科で医師に、普段の生活を聞き取ってもらい、改善点をアドバイスをしてもらうことが有効です。例えば、睡眠を促してくれる食べ物や、入浴時間、食事をとるタイミングなど、医師のアドバイスを受けることで不眠が改善する可能性があります。一度、かたまった生活習慣を変化させることは難しいものです。はじめのうちは、定期的に心療内科に通い、医師に一日のスケジュールをチェックしてもらうといいかもしれませんね。人にチェックしてもらうと思うとさぼらずに続けることができるでしょう。

カウンセリングで重たい心を軽くする

不眠の大きな原因に、ストレスが関連している可能性があります。人は、生きているだけで常に様々なストレスにさらされてますよね。学校生活や仕事、家庭環境もストレスの原因になるかもしれません。悩んでいる自覚がなくても、小さなストレスが積み重なっていることもあります。カウンセリングを受けることができる心療内科を受診すれば、重たくなっている心を軽くすることができるかもしれません。カウンセリングを行うカウンセラーはプロの技術で、悩みを持つ人を導いてくれます。身近な人に相談しても一向に悩みが解決しないという人は、カウンセリングを検討することも一つの方法ですよ。

心理療法でストレスをためない自分になる

心療内科では、薬を使用せずに心理療法を利用して、ストレスを軽減して不眠を改善させるという方法があります。心療内科医によって得意な心理療法が異なるため、事前に確認して受診すると良いでしょう。心理療法によって、自分への向き合い方や物事のとらえ方を変えることができれば、不眠をはじめストレスからくる様々な不調を解決することができるかもしれませんね。

漢方で体質改善を目指す

心療内科で処方される薬に不安があるという場合は、漢方を処方してもらうことがおすすめです。漢方は自然にある植物などを煎じたものなので、薬に抵抗がある人も安心して使用することができるでしょう。漢方は徐々に体質を改善していく性質のものなので、即効性を求める人には少し物足りなく感じるかもしれません。ですが、体質を改善することで不眠以外の不調にも対応できることが考えられるので、試してみる価値はあると言えるでしょう。漢方にはたくさんの種類があるため、医師の指示のもと、自分にあった漢方を見つけましょう。

岡山には心療内科クリニックや病院がいくつかありますので、複数の病院で診察を受けてみるのがいいでしょう。岡山の心療内科はそれぞれ特徴があるので、自分に合ったところを選ぶことが大切です。