Pet Training Loading

金属加工で行われる酸洗いとは?そのメリットとデメリット

酸洗いは金属製品に対して行われる化学洗浄の一つ

酸洗いとは文字通り酸性の溶液に金属製品を浸すことで、表面についた汚れを溶かし落とす化学洗浄方法の一つです。通常何かを洗うとなると洗剤やブラシなどによって表面を擦る研磨洗浄が一般ですが、工業製品ともなると家庭とは付着する汚れの性質が大きく違い、取り除きにくさにも大きな違いがあります。溶接の際にバーナーなどでこびりつく煤のような汚れのスケールや、削ったり切断したりするための機械が良く動くようにたっぷり塗られているグリスなどが製品に落ちてしまうことも非常によくあることです。これらの汚れが付着したままでは製品の価値は落ちてしまいますし、塗装する際にも剥がれやすくなるなどの弊害が起きてしまいます。それらを解決する手段として酸洗いは金属製品に対しては非常に有効な方法として活用されているのです。

低コストで導入できて洗浄力も高い

酸洗いは複雑な機械を必要としない洗浄方法と言えます。必要なものは酸性の溶液に、それを貯めておくタンク、溶液に浸す際に製品を吊るすのに使うクレーンなどです。精密機器や最新のチップなどは必要なく、比較的アナログな機材でも行えることが低コストに行えるポイントとなっているのです。また酸洗いは製品全体を溶液に浸して全体を洗浄できるため、研磨洗浄などと比べて洗い残しがほとんど起きないメリットがあります。こうして全体の不純物の一切を取り除くことで、製品に塗料を塗った際にもしっかりと定着して剥げにくい状態を作り出すことができます。

またステンレスの防錆性能を引き出すためにも酸洗いは必須の工程と言えます。ステンレスが錆びないのは中に含まれるクロムが空気と反応することで不動態皮膜を形成し、それがステンレスを覆って錆から守ってくれるためです。しかし通常であれば僅かな汚れが残っていたり、全体を順々に研磨などしていくとすでにできた不動態皮膜を傷つけてしまうなどして、うまくステンレス全体を皮膜で綺麗に覆うことができません。その点酸洗いでは全体の汚れを一斉に取り払うことができるため、均一でムラのない不動態皮膜を張らせる事ができ、ステンレスの防錆性能を最大限に引き出してくれるのです。

専門知識を持った人間と取り扱いへの細心の注意が必要

酸洗いは非常に有用な洗浄方法ですが、汚れを溶かす酸性の溶液は人体にとっても有害であるため事故が起きないように取り扱いには細心の注意が必要です。また酸と金属の組み合わせによって溶ける速度なども違うため、製品の材質に合わせた溶液の配合ができる知識が必要となりますし、加えて温度も融解速度に大きく影響するため酸洗いの経験がある現場責任者は必須と言えるでしょう。

酸洗いは、電解研磨やバフ研磨等他の処理と比べると、コストが安く済む点に大きな特徴があります。また、焼け取りの処理に関しては非常に効果を発揮します。