Pet Training Loading

導入した方が良い!CAD導入で得られる利点を紹介

削除や修正が行いやすくなる

紙に図面を引いていく場合、手書きで行います。手書きでは様々なデメリットが生じます。例えば図面のミスを発見したときに消しゴムで消す作業が必要になります。「1本の線を消しゴムで消すだけの作業の何処がデメリットなのか」という疑問を持つ人もいるかもしれません。紙に1本の線を引いて、それを消しゴムで消すだけの作業なら簡単です。しかし、図面には複数の線が引かれていて、その中には消してはいけない線もあります。消しゴムで消すときには、必要な線を消さないための集中力も求められます。もし必要な線を消してしまったら、その線を引き直す作業を行わなければなりません。ミスの度に手書きで線を引き直していると、それだけで作業効率が落ちるでしょう。

それに対してCADは全ての作業をパソコンで行うことになります。手書きではないため、ミスしている箇所の削除が簡単にできます。消しゴムのように必要な線を消してしまう心配もありません。もし必要な線を消してしまっても、その線を復元できるのもメリットの1つです。図面が完成した後に修正したくなる場合もあります。CADは修正作業も簡単にできます。例えば直線ではなく曲線を描きたい場合、手書きでは直線を消した後で曲線を描き直します。それに対してCADは直線を消さずに、マウスの作業1つで曲線に変更することが可能です。これらの作業が簡単に行えるため、CADを導入すると作業効率が大幅にアップします。

管理や共有が行いやすいのもメリット

紙の図面は管理が大変です。図面の枚数が増えれば増えるほど、保存スペースを圧迫します。枚数が多いので、何処にどの図面が保存されているのかが分かりにくいというデメリットもあります。それに対してCADは図面をパソコンに保存します。図面データが全てパソコンに保存されているので、部屋のスペースを圧迫しないというメリットが得られます。紙の図面は社内や取引先との情報共有が行いにくいというデメリットがあります。紙の図面は枚数が多いと取引先に図面を運ぶだけでも重労働になります。それに対してCADはパソコンで図面データの共有を行えます。社内の共有フォルダに図面データを入れておけば、社内の人間はいつでも図面を確認できます。

取引先とデータを共有したいときには、メールに図面データを添付して送るだけで済むため、簡単に情報共有ができるでしょう。CADで作った図面データはパソコンの中に保存してあるため、類似製品の図面を再利用したいときにも簡単にデータを持ち出せます。

水道CADは、水道工事の申請図面を、素早く綺麗に作成できるソフトで、水道工事事業者の間で愛用されています。